画像内の文字列を認識|[スクリーンショットを使用して検索] の代替手段

翻訳

翻訳作業をしていると、クライアントから、画像入りの原文を渡されることがあります。

原文内のテキストは問題ありませんが、「貼り付けられている画像内のテキストも翻訳対象です」、と言われて、手打ちするのが面倒……なんていう状況になってませんか?

クライアント
クライアント

画像の中の文字列も翻訳してくださいね。

翻訳者
翻訳者

えぇ…面倒だな。

文字起こしした状態のファイルをくれたらいいのに。

「そのまま翻訳すればいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、文字起こしする理由は2つあります。

  • ワードカウントを知るため
  • Memsource (翻訳のためのCATツール) に読み込ませるため

ワード単価で翻訳の料金が支払われている場合、そのワード数を知っておく必要があります。

手作業で1単語ずつカウントすることほど、悲しい作業はありません。Wordに文字を載せてしまえば、Wordの標準機能で一瞬でカウントしてくれます。

Word文書を開くと、Word画面左下に [xxx単語] と表示されます。さらに、それをクリックすると文字カウントの詳細が表示できます。

文字カウント
文字カウント

さらに、画像内の文字列はCATツールでは認識されません。つまり、そのままでは、CATツールを使った翻訳ができないのです。

というわけで、以上2つの理由から、文字起こしをする必要があるのです。

当記事では、画像内の文字列を、ツールを使って文字起こしする方法をご紹介します。

管理人
管理人

注意点もあるよ!

Windowsの [スクリーンショットを使用して検索] はもうない

さて、どうやって文字起こしするのか、という話に入ります。

2022年春頃は、まだ、[スクリーンショットを使用して検索] のアイコンが表示されたことを確認していたのですが、2022年7月前後には、Windows Updateによって、消滅したようです。

この機能でどんなことができたかというと、

  1. [スクリーンショットを使用して検索] のアイコンをクリック
  2. 対象の画像を範囲選択 (Shift + Windows + S で起動する切り取りツールと同じ動作)
  3. OCR (Optical Character Recognition/Reader) 機能で、文字列を自動認識してテキストに変換
  4. テキストをコピーして翻訳に使用

ところが、その [スクリーンショットを使用して検索] のアイコンは、検索ボックスをクリックしても表示されなくなりました。

検索ボックス右上には [スクリーンショットを使用して検索] は表示されない
検索ボックス右上には [スクリーンショットを使用して検索] は表示されない

では、どうするの?となりますが、同等の代替手段があるのでご安心ください。

次のセクションで詳しくご紹介します。

Bingの画像検索機能で文字起こしする手順

検索エンジンのBingを使用する方法です。

ブラウザを立ち上げるというひと手間が発生しますが、それ以降の手順は、[スクリーンショットを使用して検索] とほぼ同じです。

Bingで文字起こし
  • ステップ1
    お好きなブラウザでBingにアクセス

    ブラウザは、Microsoft Edgeである必要はありません。Google ChromeやFireFoxでもOKです。

  • ステップ2
    [検索窓] の右側にある、[画像を使用して検索] をクリック
    [画像を使用して検索]
    [画像を使用して検索]
  • ステップ3
    文字列を含む画像をドラッグ&ドロップ
    画像をドラッグ
    画像をドラッグ
  • ステップ4
    (自動) 画像内の文字列を認識して文字起こし
    画像内の文字列を文字起こし
    画像内の文字列を文字起こし

    ・画面左側で、画像内で認識された文字列がハイライトされます。

    ・画面右側で、文字起こしされているのが分かります。

  • ステップ5
    [テキストのコピー] をクリックしてテキストをコピー
    [テキストのコピー]
    [テキストのコピー]
  • ステップ6
    Wordなどのファイルに貼り付け
  • ステップ7
    CATツールで読み込んで翻訳
  • ステップ8
    完了!

これで文字列を手打ちする必要はありません。作業効率化にもってこいの方法ではないでしょうか?

Bingの画像検索機能を使用する際の注意点3つ

とても便利な機能なんですが、注意点が3つありますので、ご紹介します。

  • WordやExcelからの画像をドラッグ&ドロップしても読み込まない
  • 日本語には対応していない (英語はOK)
  • 読み込まれた画像は、Bin画像処理サービスの向上のために使用

WordやExcelからの画像をドラッグ&ドロップしても読み込まない

WordファイルやExcelファイルを開いて、そこに埋め込まれた (貼り付けられた) 画像を、Bingを開いたブラウザにドラッグ&ドロップしても、画像は読み込まれません。

ただし、ウェブサイト上の画像や、pngやjpgで保存された単体の画像ファイルは、ドラッグ&ドロップで、読み込ませることができます。

日本語には対応していない

画像に日本語のテキストが含まれていると、アルファベットに変換しようとします。

日本語は認識しないので、ご注意ください。

英語は問題なく認識します。

読み込んだ画像はBing画像処理サービスの向上に使用される

画像処理サービスの向上に使用
画像処理サービスの向上に使用

画像検索画面にある、[i] マークをクリックすると、

ご提供いただいた写真は Bing 画像処理サービスの向上のために使用されます。

というメッセージが表示されます。

つまり、アップロードした画像と認識した文字列が、機能の検証に使用される可能性があるということですね。

翻訳の原文が、一般的に公開されている内容か否かが、ポイントになるでしょう。

なお、プライバシーポリシーと使用条件のリンクを下記につけておきますので、ご参考までにどうぞ。

画像内の文字列を認識させる方法・まとめ

画像内の文字列を文字起こしする方法についてご紹介しました。

Windows10に装備されていた、[スクリーンショットを使用して検索] はWindows Updateにより消滅してしまったようです。

その代替手段として、検索エンジンのBingを利用する方法があります。

手順は以下の通りです。

  1. ブラウザからBingへアクセス
  2. [画像を使用して検索] をクリック
  3. 文字列を含む画像をドラッグ&ドロップ
  4. 画像内の文字列を認識して文字起こし
  5. テキストをコピー
  6. Wordなどのファイルに貼り付け
  7. CATツールで翻訳

また、注意点はこちらの3点です。

  • WordやExcelからの画像はドラッグ&ドロップできない
  • 日本語に対応していない
  • 読み込んだ画像はBing画像処理サービスの向上に使用される

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました