クラウド会計ソフト【会計 freee 】レビュー

会計 freee役立ち情報

仕事で Office アプリの次に使用している、クラウド会計ソフト 【会計 freee 】についてレビューします。

フリーランスとして独立した後、収入が安定するかの不安の次に大きかったのが、会計処理をどうしようか、ということでした。

税理士さんと契約するほどお金に余裕はないし、かといって自力で帳簿をつけるほど、時間もないし…。

Ling
Ling

お金もないし、時間もない。

なんでフリーランスになったんだっけ…。(ぉぃ)

会計ソフト は、freee かマネーフォワードクラウドかの2択

開業 freee を利用して、開業届を作成・提出したこともあり、会計 freee についても調べていました。

開業届 の書き方【freee を使えば超簡単!】

会計ソフトには、インストール型クラウド型の2種類ありますが、前者のインストール型は時代遅れですよね…。

Office製品だって、いまやクラウドが主流ですし、自動でアップデートしてくれるので、買い直しの必要もないクラウド型の方が断然!お得ですね。

で、クラウド型にもこれまた種類が沢山あって、どれにしよう、と迷うわけなのですが…。

ここは Google の力を借りて (いつもですけど)、二つに絞りました。

どうやらクラウド会計ソフトの中で2強のようです。

で、この2つのうち、どちらにしようかと考えたときに、両方を無料トライアルで使ってみよう!

…なんてことは思わなかったんですよね。だって、時間がないから。

そこで、先人の知恵をお借りすべく、ググりまくって、こちらのウェブサイトにたどり着きました。

実際に2つのクラウド会計ソフトを使用した著者の方が、それぞれの長所・短所、仕訳方法、サポート、モバイル対応、料金、結局どっちがいいのか、などなど、これでもか!というくらい詳細に説明をしてくださっています。

マネーフォワードクラウドの立場でもなく、freee の立場でもなく、中立な立場からの詳細レポートなので、一方に偏った見方ではないところが一番のポイントでした。

で、決め手となったのが、最後のところの、こちらの章です。

Ling
Ling

経理がわからない

完全自動経理を目指したい

会計ソフトだけをできるだけ安く使いたい

振替伝票など手入力する機会はあまりない

経理専門の人員はいない

給与計算ソフトは特に必要ない (一人だから)

と、自分のケースに当てはめてみて、マネーフォワードクラウドではなく、freee の方が合っていると感じ、freee に決定しました。

著者の Cary Oggi さんには、分かりやすいサイトを作っていただき、とてもとても感謝です!

freee の料金プラン

まずは無料プランで試す

会計 freee はアカウントさえ作成すれば (つまり、登録後)、1カ月間無料でお試し期間として利用することができます。

私は、フリーランスとして独立した月に、会計 freee を利用し始めました。

会計ソフトの利用そのものが初めてだったので、まずは触れてみて、機能、操作性、素人でも使えるのかというのを実感してみようとしました。

初めて触れたときの感想としては・・・

会計 freee のサイトでは「はじめてでもカンタン」とうたっていますが、

決して簡単ではありませんでした。

簿記の知識は必要か?

私は、10年ほどまえに日商簿記検定2級を取得したのですが、それでも、分からないことだらけでした。

だいぶ昔の話なので、記憶が飛んでいるといったほうが正しいかもしれませんが、だからこそ、簡単にできることを大いに期待していたのです。

そもそも会計がそんなに簡単に理解できていたら、会計士も税理士も要らないわけで・・・私の淡い期待はあっという間に砕け散りました。

自分では答えが出せずに、Googleで検索した例:

  • 開始残高とは?
  • 貸方・借り方って、どっちがどっちだっけ?(簿記の基本のキですが)
  • 適切な勘定科目は何?

これから会計ソフトを使って、帳簿をつけていく方は、簿記3級の勉強はしておくと、役に立つと思いますので、オススメです。

なので、簿記の知識は必要か?と問われたら、

迷わず、必要です!と答えます。

有料プランへ移行

アカウント登録の日から、1か月を経過すると、お試し期間が終了し、無料プランへと移行します。

このお試し期間が終わって、有料プランに切り替えるまでの間は、機能にいくつか制限が発生します。

たとえば、

  • 取引データの閲覧・編集は、直近1カ月に登録したデータのみOK
  • チャットサポート…登録後1週間まで
  • 確定申告書類の作成機能…申告内容の入力まで

つまり、使い物にならないんです。

取引データの編集ができないのは、もう致命的ですね。

というわけで、有料プランへ移行することにしました。

freee 料金プラン

スターターかスタンダードかで迷いましたが、使える機能に制限があるスターターではなく、スタンダードを選択しました。(プレミアムは論外)

このとき、1月半ば。お試し期間が終わってから、1カ月以上粘りました。確定申告が迫っていたので、このあたりが限界でした。

確定申告が迫っていなければ、もう少し先延ばしにしたかもしれません。

freee で便利だった使い方

マネーフォワードクラウドとfreeeを並べて比較! 」のサイトでも説明がありますが、 利用している銀行や、クレジットカードと紐づけができ、ひとつひとつ仕訳を予測して、表示してくれる点が、一番便利でした。

間違っているときもありますが、だいたい正確なので、内容を確認して「登録」ボタンを押せばOKです。

freee 同期中
同期中

上記は、同期画面です。

私は、楽天銀行 と楽天カードを紐づけているのですが、楽天銀行 (上記画像の青枠) の方は、同期が終わり、未登録明細が1つあることが分かります。

数字の1をクリックすると、明細へ飛び、登録処理を行えます。

また、楽天カード (オレンジ枠) の方は、同期中で、あらかじめ登録しているログイン情報を使って、freee から楽天カードの取引情報を見にいっています。

ちなみに、楽天銀行は、追加認証によるログインがあった場合、デフォルトで通知メールを登録メールアドレスに飛ばしてくれます。

自分でログインした場合は、「あぁ、さっきのログインね」で終わるのですが、確実にログインしていないタイミングで、通知メールが来る場合があります。

これは実は、freee から定期的に、銀行の取引情報と同期をとっているためです。

通知メールや携帯アプリからは、ログイン日時しか分からないので、パソコンなどのブラウザから、ログイン履歴を確認することをオススメします。

手順:楽天銀行ログインページ > セキュリティ > セキュリティの設定/解除 > ログイン履歴閲覧 > 閲覧

ログイン履歴を開くと、下記のような画面になります。

楽天ログイン履歴・AWS

この青枠の中のIPアドレスを確認したところ、どうやら、Amazon Web Service (AWS) のもののようでした。

初めは、不正ログインと勘違いし、かなり焦りましたが、こういうことでした。

ちなみに AWS の事例としてもfreee が紹介されていました。

会計のことを少しでも理解するのに、下記の書籍「フリーランスが税金で損しない方法を教えてください!」はとても役に立ちました。非常に分かりやすく解説してあるので、オススメです。

何が経費にできるのか何ができないのか、よくある勘定科目一覧とか、勘定科目がxxではないといけない厳密な決まりはなく、重要なのは経費から算出する税金額の方だとか、領収書がもらえないときはどうするのか、などといった小さいけれど大きな疑問に答えてくれているのが、とても助かったのでした。

何も知らないで、帳簿を付けていたらきっと損してしまうはず。

フリーランスなりたての方には、特にマスト書籍です。

freee のサポート

AI のチャットサポート

今までサポートを利用したのは、2回です。

どちらもチャットサポートを利用しましたが、いずれも最初のレスポンスは、AI でした。

残念ながら的外れな回答だったので、質問の意図をはっきりと説明したところ、サポート担当者に対応してもらえました。

2回目の問い合わせについては、自分で試してみないと解決したかどうか返信できないものだったのですが、メールでフォローアップしてくれ、解決するまでサポートをしてくれたのが、ありがたかったですね。

最初からメールサポートだと、回答まで少し待つ必要が出てくるので、チャットサポートが便利です。

なお、電話サポートは、プレミアムプランでないと利用することができません。

この点だけは、残念ですね。

分からなければ、ググる

仕訳をしていると、分からないことが大量に出てきます。

・源泉徴収されている場合は、どう仕訳をするのか。

・確定申告はどうするのか。

・家事按分は、どうするのか。

ついチャットサポートに問い合わせたくなるのですが、そこはこらえて、Google で検索をすることをオススメします。

検索すると、freee のサポートサイトからその質問にマッチするページがたいてい表示されます。

サポートページをかなり充実させていることがうかがえます。

会計 freee のレビューまとめ

会計 freee を使って帳簿をつけるには、多少の慣れと、忍耐と、分からなくても調べて解決する力が必要です。

ただ、昔のように手で帳簿をつけることと比較したら、クラウド会計ソフトはかなり使いやすく作られていると思います。

私は、会計 freee を使って、確定申告まで無事終わらせることができました。確定申告も分からないことだらけで、自力でできる気がしませんでしたが、自分ひとりだけが分からないで困っていることはほぼないわけで、同じような疑問でも、必ずどこかの誰かが解決してくれているケースが99%だと思います。

そんなときに、freee のサポートページも利用しつつ、Google でも調べつつ、進めていけば、必ず何かしらの回答かヒントが得られると思います。

税理士さんに高いお金を払う前に、クラウド会計ソフトを利用しつつ、検索力アップの可能性に賭けてみるのも一案だと思います!

クラウド会計ソフトで迷っている方の少しでも助けになれたら、うれしく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました