会計ソフトfreeeで帳簿をつけるメリット3つ【確定申告も簡単】

会計 freee役立ち情報

フリーランス翻訳者として、開業届を提出したら、日々の支出や収入を帳簿につけ、そして会計年度が終了したら確定申告をする必要があります。

会計ソフトには様々なものがありますが、会計freeeを使用すると、とても早く簡単に処理をすることができます。

その理由を3つのメリットとしてまとめました。

・簿記の知識がないから分からない!
・税理士さんを雇うお金はない!
・忙しいので経理処理に時間をかけたくない!

そんなあなたに読んでいただきたい記事です。

クラウド会計ソフトfreee (フリー) で帳簿をつける3つのメリット

世の中には会計ソフトがたくさんの種類があって、どれを使えばよいか迷ってしまいますよね。

とはいえ、経費や売上の帳簿付けはこまめに行っていかないと、とたんに溜まって、何が何だか分からない状態になってしまいます。

管理人
管理人

クラウド会計ソフトfreee (フリー) を使えば、帳簿処理だって、確定申告だって楽にできます。3つのメリットをご紹介!

クラウド会計ソフトfreee (フリー) を利用する3つのメリット
  • 最大30日間無料でお試し可能
  • 銀行口座・クレジットカードと連携
  • 電子申告にも対応しているので簡単に確定申告

クラウド会計ソフトfreee (フリー) は、最大30日間の無料期間がついています。登録した日から30日間、選択したプランの機能を思う存分使うことが可能です。

お試しを始めてから一ヶ月を過ぎると自動的に無料プランに切り替わります。無料プランでは、利用できる機能に制限があります。 

無料プラン・お試しプランの機能制限より引用

そして、クラウド会計ソフトfreee (フリー) には、銀行口座やクレジットカードと連携して自動処理を行うことができますので、1つ1つの明細を、手作業で登録する作業が不要です。

現在、提携している銀行口座、クレジットカード、決済サービス・電子マネーは以下のリンクからご確認いただけます。

同期対応口座一覧 | freee会計
無料から使えるfreee会計。銀行やカードのweb口座と連携して、個人事業主、中小企業の経理・会計・帳簿作成を大幅に簡単に。Mac(マック)でも快適に使えます。法人の決算書作成、個人事業主の青色申告にも対応。

自動同期すると、連携手続きをしてある銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込んでくれる上、自動で仕訳までしてくれます。

内容を確認した後、登録ボタンをクリックするだけで、登録が完了するのでとても簡単です。

さらに、確定申告にも対応しているので、確定申告書類を作成するのもとても簡単です。手で記入する必要がありません。

私はすでに3回、クラウド会計ソフトfreee (フリー) で確定申告をしていますが、税務署に足を運ぶことなく、毎回、1日程度で確定申告が済んでいます

30日間無料でお試し
/今日から使えます\

会計のことを理解するのに、下記の書籍はとても役に立ちました。小さな疑問に答えてくれるのが、簿記の知識ゼロの人にはとても助かります。

フリーランスなりたての方には、特にマストな書籍です。

クラウド会計ソフトfreee (フリー) とマネーフォワードクラウドの違い

よくクラウド会計ソフトfreee (フリー) と比較対象に挙げられるのが、クラウド型会計ソフト マネーフォワード クラウド会計です。

クラウド会計ソフトfreee (フリー) とマネーフォワードクラウドの違いをまとめて比べてみました。

 
項目クラウド会計ソフトfreee (フリー) マネーフォワードクラウド
無料お試しありあり
月額スターター 1,180円/月パーソナルミニ 980円/月
スタンダード 2,380円/月パーソナル 1,280円/月
プレミアム 39,800円/年
※年払いのみ
パーソナルプラス 35,760円
※年払いのみ
クレジットカード
明細の反映
遅い早い
自動で経理ありなし

どちらもお試し期間はあるものの、価格の面では、完全にマネーフォワードクラウドの方がオトクですね。

簿記の知識がなくてもOK

ただ、価格面のマイナスを大きくカバーしてくれるのが、クラウド会計ソフトfreee (フリー) だと、自動で経理処理ができること、そして、経理の知識がなくてもOK、という点です。

簿記の知識は、ビジネスをする上でとても大事なものですが、もし今、簿記の知識がない状態だとしても、ビジネスができないということはありません。

フリーランス翻訳者として、お仕事ができる状態なのに、簿記の知識がないからといって、簿記の勉強に時間を割く必要はないんです。

なぜなら、クラウド会計ソフトfreee (フリー) が解決してくれる問題だからです。

クラウド会計ソフトfreee (フリー) を使うと、自動で勘定科目を推測し、仕訳を作成してくれるので、合っていれば「登録」ボタンをクリックするだけで完了です。

もし勘定科目が違っていたら、そこで初めて修正すればいいわけです。

さらに、クラウド会計ソフトfreee (フリー) では、簿記につきものの、「貸方」「借方」という言葉が出てきません

初心者にも、直感的に分かりやすく処理できるよう作られています。

一方、マネーフォワードクラウドでは、自動仕訳の機能はなく、自動仕訳ルールを手動で設定して初めて、経理処理を自動化できます。

100種類の仕訳があったとしたら、100個自動でできるか、その分の仕訳ルールを作るか、大きな違いがここで生まれますね。

なお、自動で勘定科目を推測し、仕訳を作成する機能については、freeeにて特許取得済みとなっています。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

freee が自動仕訳に関する人工知能(AI)技術の特許を取得。 バックオフィス業務効率化の支援をAIで加速することを目指した 「スモールビジネスAIラボ」 を創設。 | プレスリリース | corp.freee.co.jp
freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee )は、2016年6月27日、スモールビジネスのバックオフィス業務を人工知能(AI)でより効率化することを目的とした研究開発機関「スモールビジネスAI

忙しいので経理処理に手をかけたくないというあなたには、クラウド会計ソフトfreee (フリー) がオススメです。

30日間無料でお試し
/今日から使えます\

デメリットもあります

会計ソフトfreeeのデメリットとは
会計ソフトfreeeのデメリットとは

いいことばかりを並べてきましたが、デメリットももちろんあります。

クラウド会計ソフトfreee (フリー) のデメリット
  • マネーフォワードクラウド比べると、料金が割高
  • クレジットカード明細の反映が遅い

「クラウド会計ソフトfreee (フリー) とマネーフォワードクラウドの違い」のところでも触れましたが、やはり価格面では、マネーフォワードクラウドと比べると、月あたり、1,180円、2,380円というのは高く感じます。

項目クラウド会計ソフトfreee (フリー) マネーフォワードクラウド
月額スターター 1,180円/月パーソナルミニ 980円/月
スタンダード 2,380円/月パーソナル 1,280円/月
プレミアム 39,800円/年
※年払いのみ
パーソナルプラス 35,760円
※年払いのみ

これを月払いではなく、年払いにすることで料金を少し抑えることができます

項目クラウド会計ソフトfreee (フリー) 
年払い月払い
スターター11,760円/年
⇒ひと月あたり 980円/月
1,180円
スタンダード23,760円/年
⇒ひと月あたり 1,980円/月
2,380円
プレミアム39,800円/年
⇒ひと月あたり 3,316円/月

また、クレジットカード明細の反映についてですが、クラウド会計ソフトfreee (フリー) の場合、請求金額が確定したらデータ連携ができるようになっています。

そのため、カード決済した後、すぐデータ連携はできず、しばらく待つ必要があります。

カードを使用したタイミングで、すぐ経理処理ができると、何の処理だったかを思い出しやすいんですよね。

なので、これは仕方ないですが、マネーフォワードクラウドに軍配が上がります。

すでに3回確定申告済み!【クラウド会計ソフトfreee (フリー) の良さ】

管理人は、クラウド会計ソフトfreee (フリー) を使い始めてもう4年目に入りました。

確定申告も3回済ませて、回を追うごとに、スムーズに処理をすることができています。

これは、クラウド会計ソフトfreee (フリー) の操作性のよさ、手順を調べなくても直感的に操作できるところが大きいと感じています

日常の経理処理でも、確定申告と同じことがいえます。

経理処理はこまめにやっておく必要がありますが (私の場合は1週間に1回くらい)、そういった経理処理にはあまり時間をかけたくないですよね。

クラウド会計ソフトfreee (フリー) の自動で勘定科目を推測して、仕訳を作成してくれる機能のおかげで、とても簡単に操作ができます。

freeeユーザー
freeeユーザー

操作が簡単だから、1回あたりの経理作業は、同期の時間を入れて10分ほど。

経理作業が簡単に済ませられるので、その分をお金を稼ぐ方に注力できるということです。

確定申告も同様で、申告のもとになるのは、日々の経理処理なのですが、それさえきちんと記録されていれば、確定申告自体もそれほど大変な作業にはなりません。

・自動で勘定科目を推定してくれるので楽チン
・時間をかけずに経理処理できるので、ビジネスに注力
・簿記の知識がなくてもクラウド会計ソフトfreee (フリー) なら使いやすい

ということで、クラウド会計ソフトfreee (フリー) を選択してよかった!と感じています。

e-Taxに必要なカードリーダー

書面の提出ではなく、e-Taxで確定申告するのがオススメです。

税務署へ足を運ばなくても、自宅から確定申告が完了できるからです。

カードリーダーをご用意するのをお忘れなく。

30日間無料でお試し
/今日から使えます\

クラウド会計ソフトfreee (フリー) についてのまとめ

フリーランス翻訳者として、開業届を出した後、少しずつお仕事が軌道に乗り出したら、早めに会計ソフトで帳簿をつけるようにするとよいでしょう。

そうすることで、領収書や売上などの情報が宙ぶらりんにならずに、早めに整理することができるからです。

簿記の知識がなくて不安、早めに経理作業を始めておきたい、という方は、無料お試し期間で、クラウド会計ソフトfreee (フリー) を利用してみることをオススメします。

無料期間が終わっても、勝手に有料プランに加入させられることはありませんので、ご安心ください。

タイトルとURLをコピーしました