Memsourceをレビュー:実際に使って分かった良い点・改善点

Memsource

Memsourceパーソナルエディションは、2022年6月をもって使用できなくなります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

今回は、Memsourceの良い点、改善点のレビューをしてみたいと思います。

全く同じ条件下で、手動翻訳してかかった時間と、Memsourceで翻訳してかかった時間を単純に比較することができないため (2回目の方が時間がかからないに決まってるので)、断言はできません。

が、体感的に10%くらいは、Memsource使用時の方がスピードアップしているように思います

それは原文と訳文を左右で比較しながら翻訳できること、DeepLを連携していることが大きいと思います。

このレビュー記事が、これからMemsourceを導入しようとしている方のご参考になればと思います。

1. Memsourceのレビュー:良かった点

まずは、Memsourceを使ってみて、良かった点、便利だと感じた点を列挙していきたいと思います。

1.1. Memsourceから翻訳エンジンと連携できる

翻訳エンジンと連携
翻訳エンジンと連携

何といっても、翻訳エンジンDeepLと連携できることですね。

DeepLのAdvancedプランを使用していれば、Memsourceから翻訳エンジンと連携ができ、原文ファイルを読み込んだ後、DeepLで一括翻訳ができ、その後、手動で手を加えられます。

連携していない状態でDeepLを使おうとすると、ブラウザの別のタブで、DeepLを立ち上げ、パラグラフ単位や文単位で、DeepLにコピーペースト ⇒ 翻訳 ⇒ 訳文をコピー ⇒ Memsourceにペースト、という七面倒くさい手順を踏まなくてはいけません。

1.2. Memsourceは無料で使用できる

無料で使用できる

Memsourceパーソナル・エディションは、無料で使うことができます。(料金表はこちら)

Memsourceパーソナル・エディションでは、登録できるジョブ数 (翻訳ファイル) は、2つまでという制限があります。

そのため、3つ目の翻訳ファイルを登録したいときには、すでに登録されているファイルを削除する必要があります。

それでも、Memsourceのメリット (無料で使える点を含む) の方が勝る、と感じています。

なお、Memsourceから連携するのに必要なDeepLのAdvancedプランは、ユーザー1名あたりの月額換算料金が、2,500円です (最初の30日は無料トライアル期間あり)。

Memsourceは無料で使えるので、かなりオトクだと思います。

1.3. 操作性

操作性の良さ
操作性の良さ

ここからは、実際にMemsourceで翻訳してみてわかった良い点を挙げていきたいと思います。

1.3.1. インストール不要で、ブラウザ上で操作できる

デスクトップ版もあるのですが、オススメするのはウェブ版の方です。

ウェブ版の何がよいかというと…

  1. Windows/Mac関係なく使用できる
  2. 変更がすぐに保存される
  3. アプリが常に最新版

ひとつひとつ解説していきます。

(1) Windows/Mac関係なく使用できる

ブラウザが使えるデバイスであれば、プラットフォームに関係なくMemsourceが利用できます

例えば、私は今Windows10を使っていますが、次はMacにしようと思っても、インターネットさえ繋がっていれば、すぐに翻訳作業を再開することができます。もしくはPCが壊れても、ログイン情報さえあれば、他のデバイスから作業ができます。

私はフリーランスですが、チームで翻訳している場合も同様にメリットがあると思います。インターネットに繋がっているデバイスとログイン情報さえ、用意しておけば、作業に入れるからです。

(2) 翻訳した内容がすぐに保存される

保存ボタンを押すといった作業は不要で、DeepLで一括翻訳したら、あとは手動で手を加えていくのですが、修正したそばから保存していってくれます

極端に言えば、翻訳途中で誤ってブラウザを閉じてしまったとしても、文字が変換途中だった場合を除いて、データは保存されています。

ですので、あらためてブラウザを立ち上げ、Memsource画面を開けば、作業を再開できます。

(3) アプリが常に最新版

ウェブ版は、PC上にインストールされているわけではないので、バージョンアップをする必要がありません。

デスクトップ版では、常に最新版を使おうと思ったら、上位バージョンがリリースされる度に、手動でアップデートする必要があります。

1.3.2. 操作が重くない

操作が重くない
操作が重くない

操作がスムーズに行え、操作ができずに待たされることは、ほとんどありません。

ウェブ版を使用していて、画面の切り替わりが遅いとか、クリックしているのに反応しない、と感じたことがありません。

もちろん、翻訳ファイルのアップロードや、用語ベースのインポートにはそれなりの時間がかかるのですが、それはファイルのサイズによるので、許容範囲と考えています。

1.3.3. 直感的に操作できる

マニュアルがなくても、実際に使用することができます。

私は最初からマニュアルを見ないタイプなのですが、こうしたらこうなるだろう、と予想しながら操作すると、Memsourceは、だいたいその通りに動いてくれます。

マニュアルを見なくても、操作ができるというのは大きなメリットです。

ただ、設定方法やプロパティの値などは、マニュアルを見ないと分かりません。

1.3.4. キーボードショートカットが問題なく使える

上記「1.3.3. 直感的に操作できる」とも関連しますが、翻訳時に、以下のキーボードショートカットは、問題なく使えます

  1. Ctrl + C
  2. Ctrl + V
  3. Ctrl + Z

ただし、英語入力のときや、日本語入力ですでに確定しているとき、誤ってEnterキーを押すと、ひとつ下のセグメントに移ってしまうので、気を付けないといけません (手が覚えてくれるまで待ちます)。

1.3.5. 用語ベース

用語ベースを利用
用語ベースを利用

次は、用語ベース (=用語集) についてです。

良かった点は2つありますが、用語をハイライトしてくれる機能のおかげで、用語の見落としがなくなりました。とても便利に利用しています。

  1. 用語をハイライト表示してくれる
  2. 翻訳しながら、用語を編集できる
(1) 用語をハイライト表示してくれる

原文に、用語ベースに登録している用語にマッチするものがあれば、画面左側の原文内で黄色くハイライトしてくれ、画面右側にその用語の原文・訳文を表示してくれます。

Memsource:用語ベースを参照
Memsource:用語ベースを参照

黄色で目立たせてくれるので、マッチした用語があることがすぐ分かります。

上記の例でいうと、「search」、「検索する」という用語それぞれの一致タイプについて、完全一致ではなく、あいまい一致に設定しているため、searchの変化形でも、用語ベースから引っ張ってきてくれます。

(2) 翻訳しながら、用語を編集できる

翻訳していて用語そのものを変更したいときや、用語のプロパティを編集したいとき、翻訳の画面から、直接、用語の編集画面へ飛ぶことができます

Memsource:翻訳しながら用語を編集
Memsource:翻訳しながら用語を編集

あとでやろうと思っても、たいていすぐ忘れるので、タイムリーに編集できることはとても助かります。

1.3.6. プレビュー画面を表示できる

翻訳した後のイメージが、プレビュー画面で確認できます

文字だけを翻訳していると、それがどういった表示になるのか、全体像が見えてきません。

画面下にある、[Preview] タブをクリックすると、プレビューで表示することができるので、とても分かりやすいのです。

1.3.7. 概要画面のタブ、翻訳画面のタブが分かれている

概要画面と翻訳画面のタブが分かれている
概要画面と翻訳画面のタブが分かれている

概要画面 (プロジェクト、翻訳メモリ、用語ベースなど) と、翻訳ファイル (=ジョブ) の画面は別々に開きます。

一つのファイルの翻訳をしているときに、もう一つの翻訳ファイルでは、どんな表現だったかな、と確認したくなるときがありますが、

そういったときに、現在翻訳中のタブを閉じることなく、概要画面の方から別の翻訳ファイルを開くことができます

いちいち閉じなくていいので、とても便利です。

1.3.8. フィルタ機能で効率的に翻訳できる

特定の文字で、原文・訳文をフィルタすることができます

同じ単語に対する訳語を揃えたいとき、訳語が一貫しているかの確認をしたいときに便利です。

Memsource:フィルタ機能
Memsource:フィルタ機能

原文をフィルタすることも、訳文をフィルタすることも、どちらもできます

また、特定の文字でフィルタした後、置換機能を使うことも可能です。

2. Memsourceのレビュー:改善点

Memsource レビュー
Memsource レビュー

ここからは、使いにくいと感じた点や、改善できそうな点を列挙していきたいと思います。

2.1. ジョブのインポート

2.1.1. フォント設定が手入力

フォント設定が手入力
フォント設定が手入力

Wordの翻訳ファイルをインポートするとき、訳文フォントを指定できます。

が、プルダウンから選ぶわけではなく、フォントを手入力 (またはコピペで入力) する必要があります

フォントを手入力できる人はそうそういないと思うのですが、Wordを立ち上げて、好きなフォント名をコピーして、貼り付けるしか方法がなさそうです。

Memsource:訳文フォントの指定
Memsource:訳文フォントの指定

さらに、英語は「Arial」、日本語は「MS Pゴシック」などと分けて設定したい場合は、こちらの画面ではできないので、翻訳後にWordにエクスポートして、フォントをあらためて設定する必要があります。

翻訳時のプレビュー画面では、指定したフォントで表示されます。これは便利です。

2.1.2. ハイパーリンクが訳文には反映されない

インポート時というより、インポートした後の話なのですが、ハイパーリンクが訳文側では、解除されてしまいます

(以下の画像を参照) 原文では [1)(1] に囲まれた部分がハイパーリンクとなっているのですが、訳文にはその [1)(1] が見当たりません。

この状態でエクスポートしてみても、ハイパーリンクが消えています。

Memsource:ハイパーリンクが訳文には反映されない
Memsource:ハイパーリンクが訳文には反映されない

対処法としては、左側の訳文からコピーしてきて、手動で翻訳することです。

なお、訳文からコピーするには、[Edit] ⇒ [Copy source to target] を選択します。

Memsource:訳文からコピー
Memsource:訳文からコピー

インポート時の設定で、[ハイパーリンクのリンク先のインポート] というオプションがありますが、これはハイパーリンク” https://…” そのものをひとつのセグメントとしてインポートするという意味なので、ハイパーリンクを訳文に埋め込んではくれません。

Memsource:ハイパーリンクのリンク先のインポート
Memsource:ハイパーリンクのリンク先のインポート

2.2. 操作性

2.2.1. 文字装飾が見分けられない

太字、斜体、下線などの文字装飾が、一見しただけでは判断がつきません

Wordの編集画面のように、太字、斜体、下線がビジュアルで分かるとよいなと思いました。

Wordのフォント設定
Wordのフォント設定

2.2.2. ユーザーインターフェースの翻訳がおかしい

ユーザーインターフェースを日本語化してくれているのは助かるのですが、たまに混乱するような翻訳があります

誤訳は追々修正されるといいなと思っています。

例えば、用語ベースをインポートするとき、[既存の用語を作成]、[既存の用語を上書き] から選べるのですが、[既存の用語を作成] は誤訳と思われます。(以下の画像を参照)

Memsource:用語ベースをインポートするとき
Memsource:用語ベースをインポートするとき

英語マニュアルによれば、選択肢は、[Create new terms]、[Update existing terms] の2つでした。

2.2.3. 用語

自動でマッチする用語を教えてくれる用語ベースですが、不便なところもあります。

(1) 用語は自動で訳文に反映されない
用語は自動で反映されない
用語は自動で反映されない

用語ベースにある用語は、ハイライト表示で教えてくれます。

が、登録してある用語のステータスが [承認済み] で、一致タイプが [完全一致] の場合でも、マッチした用語を自動的に訳文に反映してくれません

なので、用語ベースの訳の通りに反映したいときは、手動で反映させる必要があります。

(2) 一括で複数の用語を編集できない
一括で用語を編集できない
一括で用語を編集できない

用語ベースのうち、複数の用語だけを一括編集することができません。(例えば、100あるうちの10だけを選択してまとめて編集など)

1つずつ編集する必要があるので、手間がかかります。

2.2.4. 半角・全角スペースの表示が分かりにくい

Memsourceの編集画面上だと、半角スペースや全角スペースは、記号で表示されるのではなく、空白で表示されます。

なので、パッと見て、半角スペースか、全角スペースか、はたまた何もスペースがないのか、一瞬で判断できません。

なので、Wordにエクスポートした後で、半角スペースや全角スペースを確認するのがオススメです。

Word上だと、半角スペースや全角スペースを記号で表示することができます

[ホーム] ⇒ [編集記号の表示/非表示]をクリックすると、半角スペースや全角スペースを記号として表示することができます。

Word:編集記号の表示
Word:編集記号の表示

2.3. Memsourceの日本語マニュアルは情報が古い

日本語マニュアルの情報が古い
日本語マニュアルの情報が古い

これはどうしようもないのかもしれませんが、日本語マニュアルの翻訳が英語マニュアルに追いついていません。

英語マニュアル日本語マニュアルを比べると、日本語の方がメニューが少ないのが分かります。日本語には他に、PDF版のマニュアルもありますが、情報が少し古いようです。

3. 最後に

2週間くらいの使用では、まだまだ知らない機能が他に沢山あるに違いありません。

ざっと、一通り使ってみたところで気づいた良かった点、改善すべき点を挙げてみました。私が挙げた良かった点の中で、読者の方がMemsourceを使ってみたいという気になったものがあれば嬉しいです。

私が一番、Memsourceを使い始めて良かったなと思うのは、用語ベースを登録したら、マッチする用語をハイライトしてくれる機能です

これまで、手動でExcelファイルの用語を確認しながら用語を反映していたので、どうしても漏れがありました。この作業を自動化 (というより半自動化) できたことは、大いに助かりました。

無料で使えることに、とても感謝です。

タイトルとURLをコピーしました